男の潮吹きの仕組みと吹かせ方!誰でも出来る簡単な方法を伝授

セックス

AVにおいては定番になっている女性の潮吹きですが、男性にも潮吹きという現象は存在しています。

普段のオナニーやセックスにおいて射精だけで満足している人は潮吹きを経験することで、これまでにない気持ち良さを堪能することができ、オナニーの快感が何倍もアップするでしょう。

「自分でも潮吹きできるかな?」と心配する人もいるでしょうが、潮吹きは方法さえ知っていれば誰でもすることができるので安心してください。

ここでは男の潮吹きの仕組みや吹かせ方について紹介していくので、是非参考にしてください。ちなみに私はセルフでも女性でも潮吹き可能なので”潮吹き経験多数アリ”です(笑)

https://news.t-powers.co.jp/wp-content/uploads/2021/02/吹き出し(管理人F)-300x300.jpg

かなり難易度が高いと思われがちな男の潮吹きですが、やり方次第で必ずできるようになります。挑戦する前にしっかりと把握しておくと、高確率で潮吹きできるようになるので是非挑戦してみてください。

今最もおすすめするしたいエロ動画

  • もっと気持ち良いオナニーがしたい
  • リアルにSEXしている感覚でオナりたい
  • 普通のオナニーには飽き飽きしている
  • AV女優を責めたい・責められたい

こんな風に思っている人にとって「アダルトVR」は最高のコンテンツと断言します。年間1000本ほどのAVを見ている私が言うのですから間違いありませんw

はじめての方向けに無料サンプルもあり、0円で今すぐ体験。目の前にAV女優がやってきて、あなたのオナニーを極上のものにしてくれるはず。

VRを未体験なんて人生損してますよ!

男の潮吹きとは?

まずは男の潮吹きについての予備知識ですが、男性が気持ち良くなって絶頂に達する状態を専門的な言葉でオーガズムと呼びます。

男のオーガズムは射精とセットになっているイメージがあるのですが、正確にいえばオーガズムには次の2つの種類があるのです。

  • ウェットオーガズム
  • ドライオーガズム

「ウェット」「ドライ」のワードから想像できるとおり、射精を伴うオーガズムはウェットオーガズムと呼ばれており、一方で射精を伴わないオーガズムをドライオーガズムと呼びます。

男の潮吹きはドライオーガズム

男の潮吹きは液体こそ勢いよく出るものの、そこに精液は含まれていないため、ドライオーガズムということになります。

そして、ドライオーガズムの最大のメリットは何度でもイケてしまうことです。

ウェットオーガズムの場合、射精した後にいわゆる賢者タイムに突入しますが、精液が出ないドライオーガズムには打ち止めということがなく何度でもイクことができます。

つまり、男の潮吹きをマスターすれば、女性のように絶頂を繰り返し味わえるようになるのです。

男の潮吹きの仕組み

男の潮吹きの仕組みを簡単にまとめていくので、どういったことになっているのかしっかりと把握しておいてください。

潮吹きは我慢できずに排尿してしまうので通常の排尿以上の快感があります。そんな特別な排尿感と射精感がミックスされて、最高に気持ちいい潮吹きを味わうことができるので仕組みを知っておくと潮吹きにも役立ちます。

男性ボランティアが検証

男の潮吹きを検証する際に、川崎医大泌尿器科が実験をしたということですが、その際にボランティアの男性(25歳)が椅子に座りM字開脚させられ、超音波エコーの管をアナルから挿入、

そして、さらに女性が用手的陰茎刺激(手コキ)で射精させた後に、潮吹きするまで責め立てられたということです。実験とはいえ、あまりのシチュエーションに水面下では非常に話題になりました(笑)

潮吹きの正体はおしっこと判明

男の潮吹きはオシッコということは日本性機能学会で発表されています。とはいえ、メカニズムが同じというだけで本来出るオシッコと同じではありません。

アンモニアなどが含まれおらず、ニオイもないまっさらな液体と想像すると分かりやすいでしょう。

潮吹きするまでの仕組みは?

本来、オシッコというのは水分や老廃物が尿となり、「オシッコしたい」という信号を脳が受け取ることで尿意を感じて身体の外へと出されます。

男の潮吹きはそんな脳への信号を錯覚させて起こる現象で、つまり射精後にペニスを刺激することで、脳がオシッコしたい信号と勘違いするのです。

その結果、オシッコの排出を身体に命令するわけですが、実際には尿は何も吸収していない状態ですので、アンモニア臭のない水のような液体がオシッコのメカニズムで放出されます。

潮吹きに挑戦する前の準備

それでは最高に気持ちいい潮吹きをするための準備に入っていきます。事前準備をしっかりとしておくだけで、潮吹きできる可能性は飛躍的に高まるので、是非参考にしてください。

たっぷりと水分を補給する

潮吹きに挑戦する前の準備・たっぷりと水分を補給する

男の潮吹きは尿道に水分が溜まってこそできる行為ですかので、潮吹き前はたっぷりと水分を補給しておきましょう。

これは男性に限らず潮吹きにおける半ば常識でもあり、プロのセクシー女優も潮吹きシーンの撮影前に水分補給するのは常識です。ある女優さんは水ではなく、オロナミンCを飲んでしまい失敗したという事もあるので、基本的には水分=水だと思っておきましょう。

オシッコは我慢する

潮吹きに挑戦する前の準備・オシッコは我慢する

水分補給すると膀胱が膨らんでオシッコに行きたくなりますが、ここはグッと堪えて我慢しましょう。上でも説明したとおり、男の潮吹きにおいては尿道に水分を溜めることが必須です。

せっかく水分補給していても尿として出してしまえば、潮吹きできる確率が下がってしまいますので我慢できる限りは耐えてください。

排便は済ませておく

潮吹き前には排便を済ませておかないと、肛門の緩さを感じた時に気になって行為に集中できなくなってしまいます。

女性とエッチする時に「妊娠するかも…」なんて不安に思ったら、途端にオチンチンが小さくなってしまうのと同じです。便意のないスッキリした状態で潮吹きに挑戦しましょう。

羞恥心を持たない

羞恥心があると潮吹きはできず、男が潮吹きする姿は「無様で恥ずかしい」の一言です。とくに、Sの男性は自分のそんな姿を見るのは屈辱でしょうが、羞恥心を捨てなければ潮吹きまで到達できないでしょう。

逆に、Mの男性にとって最高のシチュエーションになります。

男の潮吹きは難易度が高い

男性の潮吹きに関しては女性のそれ以上に謎が多く、ハッキリとした仕組みは未だに分かっていません。しかし、色々な研究や調査の結果、射精後もペニスに刺激を与え続けることが潮吹きにつながることは確かです。

また、放出された潮は尿に近い成分を含んでいることから、男の潮吹きは尿に近い液体が発射されると考えられます。そんな男の潮吹きを実践する上で壁となるのが難易度の高さです。

以下の立ちはだかる壁を越えなければ、最高に気持ちいい潮吹きを体験することはできません。

潮吹きできる場所の確保

潮吹きすれば何度もペニスから勢いよく液体が放出されるため、それが可能な環境を確保しなければなりません。また、環境を確保したとしても後始末は必須であり、ベッドで試そうものならシーツや周囲の床がグショグショになる覚悟が必要になります。

自宅を汚したくないという方はお風呂で挑戦してみたり、汚してしまっても大丈夫なラブホテルを利用するようにしてください。

ペニスへの刺激

これは男性だけが分かる難しさであり、射精後もペニスを刺激し続けるのは本当に覚悟と意志の強さが必要です(笑)

この時、ペニスはとても敏感な状態ですので、刺激することで苦痛に感じます。それでも刺激し続けるという自虐的行為のできる人だけが、潮吹きを堪能することができるのです。

中々自分でするのは難しいかもしれませんので、意思の強い女性やS嗜好のある女性を見つけると早く潮吹きを体験できるかもしれません。

排便の危険性

射精と潮吹きで大きく異なるのが肛門の状態です。射精する時は力が入ることもあって肛門は締まりますが、潮吹きは全く逆で脱力状態になっているため、肛門が緩みます。

そのため、潮吹きした時に一緒に便が漏れてしまう…なんて想像したくない失敗の可能性もゼロではありません。

男の潮の吹かせ方

男の潮の吹かせ方

あらゆる準備が整ったら、いよいよ潮吹きに挑戦です。各手順通りに行ってもらえれば、高確率で潮吹きを体験できるはずです。

もし、1度目で潮吹きできなかったとしても、何度か挑戦するうちに潮吹ができるようになるはずなので、体験してみたい方は諦めずに挑戦してみてください。

ステップ1「射精」

潮吹きをする前のステップとしてまずは射精しますが、ここでは普段以上に気持ちの良い射精をして、消化不良がないようにしてください。

  • 精液が出切るまでシゴく
  • 新しいエロ動画を観賞する
  • オナホを使う

これだけの条件を満たせば完璧です、

大量の精液が出て、めちゃめちゃ気持ちいいオナニーができるでしょう。また、全裸になるなど、自分の性癖や興奮を高める工夫をしてみることもおすすめです。

ステップ2「射精後もペニスを刺激する」

男の潮吹きにおける最大の難関になるのがここで、例え潮吹きを狙っている場合でも、射精してしまうことで賢者タイムに入ってしまいます。

そうならないように、射精後も強い意識を持ってペニスを刺激してください。

この時、ペニスが敏感になっているためつい優しく触りたくなりますが、潮吹きするには強い刺激が必要なため、亀頭をグリグリと撫でるなど、頑張って刺激し続けるようにしましょう。

とはいえ、乾いた亀頭を強く刺激すると痛みを感じてしまうため、「射精した時の精液を塗り付ける」「ローションを使う」などの工夫をするのがおすすめです。

ステップ3「尿意を解放する」

射精後にペニスを刺激し続けることで、やがて尿意を感じるようになります。この尿意こそ潮吹きの前兆なので、我慢せずその場でお漏らしするくらいの気持ちで尿意を解放してください。

基本的に尿意を我慢するというのは多くの人が思っていることなので、中々その気持ちを解放することができません。

そのためには、「もうどうにでもなっちゃえ!」くらいの気分になるのが望ましく、力を抜いてそのままオシッコしてしまう感覚になりましょう。

そうすることで勢いよく透明の液体がビュッと発射され、屈辱感・解放感・性的快感が要り混ざった最高に気持ちいい潮吹きが体験できます。

潮吹きできない原因と解決方法

これまでに紹介した方法で何度挑戦しても潮吹きできない人は、原因として次のことが考えられます。それぞれ自分に当てはまる原因を改善して、もう一度潮吹きに挑戦してみましょう。

潮吹きへの不安が払拭できていない

潮吹きしたい気持ちがあっても、心のどこかに不安があるとリラックスすることができず、無意識に自分を抑制してしまいます。

  • 潮吹きの後処理
  • 尿や便が漏れる心配

男の潮吹きに不安を感じる人の場合、その要素となるのはこれら2つでしょう。後処理については環境が関係してきますが、浴室を使えば困ることはありません。

尿意は潮吹きにおける必須条件ですので避けることはできません。

「漏らしてもいい」という気持ちを持つことが解決につながりますし、便の漏れは準備の段階で排便しておけば安全ですし、便意さえなければ無理に排便する必要もありません。

射精して気持ちが冷めてしまう

「今日こそ潮吹きするぞ!」と意気込んでも、いざ射精すると脱力感で気が抜けてしまうのはあるあるです。この場合、意志を強く持つことが解決策になりますが、どうしても難しい場合は他の方法を考えてみましょう。

  • パートナーに委ねる
  • 電動式のオナグッズを使う

どちらも、自分の手を必要としないというのがポイントです。自分の意思に反してペニスが刺激され続けることで、「もうやめて」と思いつつも、潮吹きにたどり着けたという経験をした人は多いです。

チンコへの刺激が足りていない

竿は皮に覆われているのでそれほど敏感ではなく、例えば射精してから竿を握ってシゴくだけでは潮吹きするのは難しいでしょう。この場合は刺激が足りないこと原因であることが多いです。

特に敏感な箇所といえば多くの人が亀頭だと思うので、オチンチンの先っぽを手のひらで強く撫でるように刺激すると効果的ですし、AVの中での男の潮吹きも、女優さんがそのような手つきで潮吹きさせています。

また、中にはアナルや前立腺を刺激すると潮吹きしやすいという人もいるので、自分が気持ち良くなるところを見つけてみてください。

諦めている・止めている

女性の潮吹きをエロ動画で見慣れている男性は多いと思いますが、それと同じイメージを持っている場合は挫折してしまうことが多いです。

その理由は、男の潮吹きには意外と時間がかかるからなのですが、そもそもAVと同じように考えることをやめましょう。

また時間に関しての個人差は大きく、5分で潮吹きできる人もいれば、潮吹きまでに20分かかる人もいます。方法さえ間違っていなければ長くても潮吹きできるため、吹くまで止めないくらいの気持ちを持って刺激させ続けましょう。

男の潮吹きが最高に気持ちいい理由

ここまで読んだ人であれば、もはや潮吹きに挑戦しないなんて事はないと思いますが、躊躇っている人のために潮吹きが気持ち良い理由を説明しておきます。

普段のオナニーだけで満足するのは勿体ないですし、快感を得たいのであれば絶対に挑戦したほうが良いです。

射精と違い何回でもイケる

射精と違って男の潮吹きに回数制限はないため、その気になれば何度でも絶頂を味わうことができます。何度もイケるのは女性だけの特権に思っている人も多いでしょうが、男だって潮吹きすればそれが可能になり、オナニーをもっと充実させることができます。

また、この方法なら自分を絶倫だと勘違いさせることもできるため、これまでより性生活が楽しくなります(笑)

屈辱感を味わえる

恥ずかしさや屈辱感は性的興奮につながる要素があり、例えば女性の前で裸にされてチンポ丸出しで強制お漏らしさせられれば、Sの男性だって興奮するでしょう。

そんな恥ずかしさや屈辱感を味わえるのが潮吹きで、とくにMの男性なら絶対にハマります。

女性のイク感覚を味わえる

「女性のイク感覚は男性のそれに比べて何倍も気持ちいい」というのは、聞いたことがある人も多いでしょう。

それは男が決して知ることのできない未知の快感といえますが、潮吹きすることで女性の絶頂に近い感覚を味わうことができ、射精とは比べものにならない快感を堪能できます。

視覚的な満足感

射精する時、いっぱい精子が出ると謎の満足感があるはず。だからこそオナ禁して大量発射を狙う男性もいるのですが、潮吹きならめちゃめちゃ出ます。

自分のオチンチンから大量に液体が飛び散る…そんなシチュエーションを味わえるのが男の潮吹きです。AVを見て女優が潮吹きしているのを見て、凄い気持ちよさそうと思った事があると思いますが、それを自分ができると考えると興奮してくるはずです。

男の潮吹き・まとめ

潮吹きにハマった人は男の潮吹き専用の風俗に行けば、プロの腕でより気持ちいい潮吹きを味わえますし、パートナーとセックスする時のプレイの1つとして取り入れてみてもいいでしょう

射精後の刺激にはさまざまな方法がありますから、恋人に開発してもらうことでパートナーとの関係もより深まるかもしれません。

また、男の潮吹きを見た経験のある女性は少ないでしょうから、「潮吹きします」の一言だけでエロい女性とヤレるチャンスが訪れるかもしれません(笑)それでもまだ少し抵抗がある人は、男の潮吹きをテーマにした無料エロ動画を鑑賞して、どんなものなのかを見てみるといいでしょう。

最先端のAVならエロVRがおすすめ!
AV女優と本当にセックスしているかのような感覚を味わいたい人は是非!

関連記事

特集記事

TOP