AV女優(単体・キカタン・企画)のリアルなギャラ事情とは?

AV・風俗

AV業界では芸能界でそこそこ活躍していた子がAVデビューした場合、1本目のギャラは1億円を超すこともあります。

実際、(かなり昔に)私が働いていたプロダクションにも同様の女優が沢山いて、さすがに1億まではいかなくても月1000万円オーバーしている子は10名ほどいました。まさにアメリカンドリームのような話ですよね!

ただ、これからデビューする未来のAV女優さんに分かっていてほしいのは、そこまで稼いでいる女優はトップ中のトップだということ。

この記事では「単体女優・キカタン女優・企画女優」それぞれのギャラについてお話ししますが、過度な期待をしてる子には少しガッカリする内容かもしれません。でも、それが真実だとご理解ください。

AV女優になっても稼げない子は沢山いる

ギャラ事情をお伝えする前に、デビュー前の女の子に知っておいてもらいたい”業界の常識”を紹介しておきます。

セックスするだけで楽して稼げる!そんな時代は終わった

ネットニュースなどで「AV女優のギャラ」について話題になることがありますが、そこで語られている内容は無視してください。仮にそういった情報を信用してAVデビューしてしまうと…

https://news.t-powers.co.jp/wp-content/uploads/2021/02/吹き出し(悲しい2)-300x300.jpg

想定していたギャラとこんなに差があるなんて・・この事実を知っていたらAV女優になること自体もう少し考えたのになぁ

察しがよい子ならお気づきでしょうが、AVのギャラはネットで言われるほどではありません。

しかも、ここ数年は女優になりたい子が増え続ける一方、お仕事をくれるAVメーカーの景気はいまいち。需要と供給のバランスは崩れつつあり、それに比例してギャラ相場も下がっている状況です。

もちろん、メーカーから名指しでオファーされるぐらい人気者になれば、月に数百万円というギャラをもらえるのも事実。分かりやすく伝えるなら…

簡単には稼げないけど頑張れば青天井で稼げる仕事」ということ。

「人前で裸になってセックスできればそこそこ稼げる」という時代は確かにありました。しかし現在は、見た目が良いのは当たり前、それに加えて本気で取り組まないと生き残るのすら難しい業界なんです。

ちょっと厳しめに言ってしまいましたが、AV業界で稼ぐためにはそれなりの覚悟は必要かもしれません。ただ、そのことを理解している女優はきっと成功できるはず!

すぐ引退するつもりなら別の仕事しろ

AV女優になっても稼げない子は沢山いる

そこまでやる気はないのにAV女優となり「やっぱりつまらないから辞めよ」といった女の子は沢山います。よくあるのは、スカウトマンに「AVやりたい」と言ってしまった手前、断るのが面倒だからとりあえず所属し、適当に仕事してすぐ引退するケース。

しかし、そのような女の子に限って後に後悔することが多いです。

https://news.t-powers.co.jp/wp-content/uploads/2021/02/吹き出し(管理人F)-300x300.jpg

AV作品に出演すると、あなたのセックス動画は半永久的に残り、ネット上の動画を全て消すのは難しいでしょう。

一応、国内で販売されている作品であれば「5年ルール」によって削除は可能ですが、海外サイトに違法アップロードされた動画を消すのはほぼ不可能。

そういったリスクを理解したうえで、AV女優になる決断をしてください。

以下の記事も参考になるのでぜひ。

単体女優の出演ギャラ

最も華やかなイメージのある「単体女優」について解説します。

単体女優とは?

【業界人が暴露】女優のギャラ事情 単体女優の出演ギャラ※元レジェンド女優の蒼井そらさん

単体女優とは、AVメーカーの看板娘として専属契約をするAV女優のことで。

契約本数は短いと3本程度ですが、大型新人などの場合は12~24本といった長期契約を結ぶこともあります。当然、作品の売れ行きが良ければ契約が延長、ギャラの交渉が行われます。

ただし、専属契約をする単体女優の場合、基本的に月1本の仕事しかできません。その為、1本あたりのギャラは良くても、青天井で稼ぐのは難しい一面もあります。

ちなみに、上記画像で紹介した「蒼井そら」さんは、デビューしたアリスJAPANで約3年、移籍したエスワンで約7年間の単体女優を成し遂げたレジェンド的存在。

1本のギャラが1,000万円ほどだと想定すると、AVのギャラだけで5~7億円は稼いでいるはず。その他にもイベント出演、グラビア、映画などもあるので、軽く10億は超えているでしょう。

https://news.t-powers.co.jp/wp-content/uploads/2021/02/吹き出し(管理人F)-300x300.jpg

サラリーマンの生涯年収は2億円ぐらいなので、その5倍以上も稼いでいることになります。一握りの存在とはいえ凄いですよね!

単体女優のギャラ相場

ギャラ相場750,000~1,500,000円
契約内容3~12ヵ月程度の専属契約
全体の割合3%ほど

業界全体の不景はあまり良くないので、ここ最近の出演ギャラは低下傾向といって良いでしょう。そのうえで、直近の相場は「75~150万円」程度だと思います。ただ、この数値はあくまで相場だと認識しておいてください。

複数のAVメーカーから契約を迫られるような女優の場合、総ギャラが300万円を超えることはよくあります。したがって、女優自身が受け取れるギャラは1本200万円以上となるケースも。

1本の撮影に要する時間は、パッケージ撮りに1日、AV撮影に2日程度なので、日給にしたらとんでもない金額ですw

単体女優にはそれだけの価値があるのです。

単体女優に求められること

    • 人並み以上の容姿・スタイル
    • 世間に周知されても問題ない
    • ファンとの交流が苦にならない

狭き門である単体女優になるには、まず第一に男性から愛される容姿・スタイルが必要です。デビュー前から知名度がある以外は、最上級の美しさや可愛さ、滅多に見かけない巨乳など、普通の人にはない秀でた長所が求められます。

また、AVメーカーの顔となる存在なので、1人でも多くの人に知ってもらうための宣伝を行います。当然、周知されることで「顔バレしやすい」のは避けられません。

それによってファンも増えていくでしょう。その方たちと実際に交流するイベント出演や、SNSでの対応も必要不可欠となります。

https://news.t-powers.co.jp/wp-content/uploads/2021/02/吹き出し(管理人F)-300x300.jpg

AV女優になる女の子は年間数千人とも言われている中で、単体女優になれる子はほんの一部です。その地位を勝ち取れれば、小野後の女優人生はきっと明るいものとなるはず。

キカタン女優の出演ギャラ

ネットではあまり詳しく説明されていない「キカタン女優」について解説します。

キカタン女優とは?

【業界人が暴露】女優のギャラ事情 キカタン女優の出演ギャラ※元レジェンド女優の上原亜衣さん

キカタン女優とは、単体レベルの容姿ではあるものの、ひとつのAVメーカーとは専属契約しない女優のこと。

出演する作品には”女優名”が記載されることが多く、その辺は単体とあまり変わりはありません。よって、契約内容が専属か?1本単位か?が大きな違いとなります。

単体女優と比べて1本あたりのギャラは少ないですが、月に何本でも仕事をすることができます。その為、働いた分だけ上限なしに稼ぐことが可能なので、人気あるキカタン女優だと単体より稼いでいる子は沢山います。

上記画像に紹介した「上原亜衣」さんの場合、5年の活動期間中に約1,000本のAVに出演しました。彼女レベルになると1本40万円以上はもらえると思うので、単純計算でも4億円以上は稼いだはず。

https://news.t-powers.co.jp/wp-content/uploads/2021/02/吹き出し(管理人F)-300x300.jpg

キカタンの由来は、単体契約が終了して企画ものに出演した女優のことでした。しかし最近は「単体になれるぐらい可愛いけど専属契約しない子」をキカタン女優と呼ばれることが多いです。

キカタン女優のギャラ相場

ギャラ相場150,000~350,000円
契約内容作品1本ずつ契約
全体の割合5~7%ほど

記載した「15~35万円」はあくまで相場として認識してください。キカタン女優のギャラは人気度によって大きく変動するので、仕事によっては1本40万円を超すことも多々あります。

単体女優と1本あたりのギャラ以外にも大きな違いがあって、撮影に要する日数は1日で終わることが多いです。人気があると1ヵ月に15本ちかくの作品に出演している女優もいるので、AV撮影が大好きで稼ぎたい子には向いているかもしれません。

余談ですが、キカタンで勢いのある子を知人に聞いたら…

田中ねね」という女優さんを紹介されました。この子の何が凄いのか確認したところ、月のスケジュールはほぼパンパンに埋まっており、作品が売れることから追加オファーが鳴りやまないそうですw

ぶっちゃけ、これだけ仕事が回るようになればキカタンの方が稼げます。まぁ、セックスの回数はヤバいことになると思いますが。

キカタン女優に求められること

  • 単体に引けを取らない容姿・スタイル
  • 大量に仕事をこなせる忍耐力
  • 現場ウケの良い人柄

個人的な感想ですが、キカタン女優として活躍している子の多くは「単体と同レベルの容姿」だと思います。単体から落ちであれば当然ですが、デビューからキカタンの子もめちゃくちゃ可愛い子ばかり。

それと、容姿に加えてセックスが大好きなことも大切な要素です。単体ほど宣伝せずに売れる作品となるには、男性がオナニーで使いたくなるエロさが必要。その為には演技ではない淫乱娘のような存在が求められます。

キカタン女優として稼ぐギャラは仕事量に比例するので、毎日でもセックスし続けられる忍耐力は欠かせません。

そして、仕事をリピートしてもらえる愛される人間性も必須。いくら売れる女の子だとしても、二度と一緒に仕事したくないと思われては、スケジュールを埋めることはできません。

https://news.t-powers.co.jp/wp-content/uploads/2021/02/吹き出し(管理人F)-300x300.jpg

一昔前と比べ、はじめからキカタン女優になりたい!と思っている子はかなり増えました。出演している作品数によりますが、単体以上に認知される可能性があって人気女優になりやすいからかも。

企画女優の出演ギャラ

AV業界に欠かせない「企画女優」について解説します。

企画女優とは?

【業界人が暴露】女優のギャラ事情 企画女優の出演ギャラ

企画女優とは、AVメーカーと専属契約はせず、好きなだけ仕事をできる女優のこと。

キカタン女優と契約形態は少し似てますが、企画女優はキカタンほど容姿を求められません。また、女優名の記載をしない作品が多く、上記に紹介した作品のような仕事が中心となります。

名前と顔が一致しにくいので「AVに出演していることを他人にバレたくない」そういった女の子はほとんど企画女優を選択します。

企画女優のギャラ相場

ギャラ相場80,000~150,000円
契約内容作品1本ずつ契約
全体の割合90%ほど

単体・キカタンの場合、作品に出演するのは1人もしくは2、3人のことが多い反面、企画女優が出演する作品は多人数のことがほとんど。出演人数が多い分だけ制作コストは上がるので、1人あたりのギャラはどうしても少なくなります。

ただ、デビュー時は企画女優だったのに、想定以上に作品が売れてキカタン女優にランクアップする子は沢山見てきました。さらには、単体女優にのし上がったケースも。その代表的な例が…

成瀬心美」さんです!

現在は既に引退していますが、AV女優としては初?の地上波テレビCMにも出演するレジェンド女優のひとりです。

彼女は大手プロダクション「ティーパワーズ」に自ら応募し、当初は企画女優として活動。その後、徐々に知名度が上がっていき、デビューから3年経った頃には宇宙企画と専属契約を結ぶまでに成長しました。

このようなケースもあるので、単体およびキカタンになれなかったとしても、頑張り次第でどうにでもなれる!と私は思っています。

企画女優に求められること

  • セックスが好き
  • 他の女優と共演できる

正直、企画女優に求めることはそこまでありません。AV女優という職業柄、男優とセックスできることと、多人数ものの企画作品に出演できれば問題ないと思います。

https://news.t-powers.co.jp/wp-content/uploads/2021/02/吹き出し(管理人F)-300x300.jpg

よく勘違いされますが、企画女優だからブスって訳じゃありません。単体レベルの子はいますし、そういった子は”働き方”で敢えて企画を選んでいるのかもしれません。

所属するAVプロダクションに左右される

ここまで紹介した「単体・キカタン・企画」の区分けは、あなただけの問題ではありません。所属する事務所にも左右されるので、AV女優になりたい子はまずそこから真剣に悩んでください。

なりたい女優像がある程度決まっているなら…

ココがPOINT!

  • 得意な分野を把握する
  • 所属している女優の顔ぶれを確認する
  • 過去の実績を知る

単体女優が多ければそれだけメーカーとのパイプがあるでしょうし、キカタン・企画で有名な女優が多ければ営業が強いなど。プロダクションには得意、不得意の分野が必ずあり、それを見極めないとあなたの長所を十分に活かすことはできません。

ただ、ひとりで全ての情報を調べるのは難しいですよね。その為に当サイトは存在しているので、不安なことがあれば気軽に相談してください!

 

この記事の筆者情報

田辺達也(管理人)
田辺達也(管理人)
アダルト業界歴は20年以上。AVがVHSだった時代から関わってきたので、他では知れない情報をお伝えできるはず。新旧問わず、アソコに刺激の強いエロサービスをお楽しみあれ。

AV女優と本当にセックスしたいよね?
だったら「アダルトVR」試してみな!

関連記事

特集記事

TOP